*All archives* |  *Admin*

2006/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『音楽』~その3~
売れる歌多くの声に乗せられて売れぬ歌は心に眠る

灰色に染まる前に捨てていく時代と歌と君との思い出

説法に坊主が叩く木魚には8ビートが染み込んでいた





笹公人氏の短歌Blog投稿
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

『音楽』~その2~
十六を過ぎたのだから歌わないで誰も知らない国に行くから

英語より世界で通じる物があるそれは音楽心の言葉

吾の指リコーダーのドが出せなくてあの時から言う事きかない

意味も無く考えも無しに歌ってた童謡今も忘れられずに

夕闇に口笛吹けば蛇出ると新宿の街で吹いてみようか




笹公人氏の短歌Blogに投稿。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

1ヶ月
君の部屋帰ってきたかとノックするアクセスエラーに凍った心

いつの間に居なくなるのは辞めてねきっと吾は狂ってしまう

繰返し忘れないため聞き返す数秒だけの君の留守電

もし君の何かが吾のせいならば居なくなるから戻ってきてよ

どうしても君に渡したいものがある逆回りする腕時計を

何故だろう一緒に居たい記念日は何かが邪魔して想いが溜まる




大丈夫いつものように待ってるから言わせてほしい「お帰りなさい」と

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

八畳の部屋いっぱいに溢れてる初孫雛の愛しさ尊さ
「イチゴ摘み」で詠んだ歌です。

実家の雛壇は八畳の和室を埋め尽くします。
毎年大変です。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

撫子の青き炎は粛々と黒き光を浄化してゆく
オリンピック第2弾です。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

結果など後からついてくるものと白銀の舞姫笑顔が語る
競うのは自分自身。
踊り終わった笑顔に全てが映った。

観客が感じたものは、揺ぎ無い事実。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

真っ黒な瞳の奥に映すもの幸せ色を見極めている
実家に帰ってきました。
まだ雪が多いです。

春はまだ遠いようです。

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

『別れの時』
こんなにも狭かったのか 幼き日 年月戻して吾は佇む

真っ白なキャンバスの上に描いてた未来予想図鮮やかすぎた

この場所で始まり別れるいつも居た君は明日から共有できない

誰も居ぬ教室の隅置いてくよ恋とは呼べぬ淡い想いを

青空が背中押すから君を見ず飛び出していく未来への一歩

母校



卒業シーズンです。
忘れてました。

東風よ吹け。

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

『8年間』
生涯を懸けて守ると誓ったのは君が全てを委ねた時

戻らない君との暮らし ただ思う手放すことは正しかったかと

ありがとう掛け替えのない8年の欠片を燃やし吾今を往く




新しい試み。

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

『瓜二つ』
待ってるから見つけてくれるまでちょこんと行儀よくしてショーウィンドウで

見つめられ思い出してと問う君に出会った偶然運命だったと



seiza.jpg
temari.jpg
negao.jpg


この前の産婦人科へ行ったとき、上の陶器人形に出会いました。
私が3歳の頃の髪型と顔が似ていて、足が止まりました。
その頃の写真と比べられればいいのですが・・・。
今手元にないので。。

その頃の私は全部の写真が首を傾げていました。

そして、今日この中の正座の子を手に入れました。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

とげとげをまあるくさせるまほうのてころんときみにおさまるように




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

『桜』
春巡り君の桜が咲いたなら夢の中で教えて欲しい

散り花は君が好きだと身を寄せる春風纏う桜の精よ




番外編:
彼女らの可愛いしぐさや言動が羨ましくてなれない距離で


テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

闇の中微かに聞こえる産声はいつか何処かで出逢える予感
イチゴ摘み』で詠んだ歌です。

私の母は帝王切開で私を産みました。
その時は全身麻酔だったそうです。
昔の時を話す時、母は手術で寝ているときにお花畑の夢を見たと言っていました。
広いお花畑に大きな川。
渡ろうと思ったときに赤ちゃんの産声が聞こえたそうです。
そして、目覚めたらベッドの上。

私がお腹にいるときに火事の夢を見たことをとても後悔していました。
夢のせいではないのですが、母はとてもとても後悔しています。

夢を見るなら、楽しく幸せな夢を見たいものです。
いつか何処かで出逢えることを夢見て・・・。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

「暫く」の言葉の奥の闇の濃さ気付かぬ吾に君サヨナラと
明日から、MSNのBlog『十六夜日記』にてお弁当の公開をしようと思います。

基本、おかずは手作り。
お弁当用の冷凍食品は使わない。
やっぱり、食は大切だと思うので。。
よろしければ、見てやってください。

今回の歌の自解はBBSにて。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

『音楽』
ハニホヘト楽譜を見い見弾く祖母にファソラシドよと孫は両手で

堅物の父の宝は一本のエレキになりたかったフォークギター

読み仮名を振ってはくれぬ横文字はアーティストなのか曲名なのか

久々に寄ってみてみたレコード店宝探しさ浦島太郎



本復活とまでいきませんが、リハビリという感じで詠んでみました。


三味の音に幼い頃が甦り背筋と指先しゃんとなる

上の歌は以前の物をちょっと手直し。
少ししか変えてませんが。。^^;


曲名は解らないけれど判るのはあなたが好きな尾崎豊

この歌は変えたくなかった。
何度読み返しても、詠んだ当初のことを思い返しても、このままだった。。
まだ推敲について分かっていないのだとおもいます。


記念日のjust 0:00に聴いている貴方の声はいつものリズム

この歌、大好きです。
最初は勘違いで「駄目」だと言っていた歌ですが、誕生日に詠んだ歌。
一緒には投稿したくなかったので、後々別で投稿してみようかと思います。

【笹公人氏の短歌Blog】投稿。

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

FC2カウンター
グーバーウォーク


blogram投票ボタン
ブログ内検索
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。