*All archives* |  *Admin*

2006/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2ヶ月
雪降りし頃に君は居なくなり桜舞う今もまだ帰らぬまま

高台に臨む丘から海を見る息することを止めてみようか

もういいかいまぁだだよもういいかいもういいよもういいよもういい

君意外にあの料理は作らない食べたくなったら思い出してよ

思い出も香りも色も薄れるから永遠なんてありえないんだ

誰かと別れなければ出遭えないもう出遭わなくていいからやめて

髪をすき櫛に残った銀糸一本過去現在を見た未来は無い

「See you again.」「再見」 なんて日本語はまた会えないこと知っていたんだ

来週君の町に行くからね探しに行くわけじゃないから

愛してる言葉も想いも考えも永久凍土に眠っている

微風にフワリひるがえるスカートを穿く行きかう人に笑われるため

冬終わり地面に散らばる血のような真っ赤に染まった椿の花
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

仮眠しに自宅に戻る毎日は寝ても覚めてもオーバーフロー

オーバーフロー [overflow]
(1)液体があふれ出ること。
(2)洗面台・貯水槽・プールなどで、あふれる水を排水するための流し口。
(3)コンピューターで、計算処理の結果が CPU などの取り扱い範囲を越えること。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

子を孕み産む苦しみは魂を削りあの世の境へ上る
鮭は産む為に故郷の川を上るのです。
それは死なのです。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

白々と夜桜浮かぶ水辺にて見上げれば君幸せ気分
おぢ。様の所の掲示板で開催されている『イチゴ摘み』で詠んだ歌です。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

神様が吐息をかける風でも空気でもない見えない流れの
WBCを観てます。
『WBC』最初聞いたときはプロレス???って思ってしまいました。
(;^ω^A テレテレ

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/20 AM00:00
君がここに居なくて良かった無様だからこんな姿も僕の歌も

解らないそうじゃないだろ解りたくない向き合うことに怖いだけ

空が綺麗久々に行こう夜の散歩へ何かを捕まえに

放り出すくらいなら君触らないで心に足跡つけないで

神様何故化石を残したの吾等も化石になれるでしょうか

時々からだの真ん中熱くなるきっと魂が出たがっている




今まで日付が間違ってました。。。




続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM23:00
裏切った裏切られたは故意だから君はそうじゃないと信じてる

端っこが大好きだから隅に居る膝を抱えて震えてはいない

涙が零れる前にごめんね言っておくから恋に変わる前に

折れた羽そのままにした抜けば飛べる抜かなかったのは怖かったから

何がしたかった何が得られた解らない解らないんだ解ってない

「鈍感だ。」君に対して笑ったけど言葉の意味を読めなかったよ

絶対に綺麗になるよ決心は弱いけれど君には負けないから




詠めないんじゃなく、逃げていた。
考えたくなかった。
ただ逃げていた。
きっとそう。
向かい合うのが嫌だった。
詠もうと思えば詠めたのに。

納得がいくまで続けます。
やりたい事、詠みたい物、見つけて。
燃え尽きてしまうこと、もう本当に詠めなくなる事。

本当は何をしたかったのか。
何を詠みたかったのか。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM07:00
詠めない。。。
駄目です。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM06:00
泣きそうな空に慰め花が咲く梅は冷たい雨は嫌だよ

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM05:00
詠めない。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM04:00
纏まりませんでした。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM03:00
初めて好きって事をおぼえたの何時だろうどうして知ったのかな

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM02:00
好きなこと作らないから見つけない掌からこぼれるから

君の事大事だったその前に恋見逃して愛を追いかけた

一言で良いから教えて「元気です。」待ってるからねいつまででも

フワッと包んでくれる大きな手ずっとずっと待ち続けて寒いよ

知っていた?吾に一番似合わないそれは白色眩しすぎて

地球が生まれたときに初めての雨粒ってきっと怖かったかな

ベッドに身を投げ出して息を止め瞬きせずに止まれ止まれと

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM01:00
目の前を通る列車は何処へ行く真っ赤な風を周りに靡かせ

何処何処と見えぬもの探しさまよって何も掴めず何も見えず

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM12:00
元気って何処から来るの目を閉じて中を探しても何も感じず

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM11:00
好きになるどんな事でも物でも始めるため基本の第一歩

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM11:00
胸を張るそんなことすら出来なくて空が蒼いの忘れていたよ



もっと数と中身を・・・。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM10:00
只今フリーズ中。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM9:00
死んだなら石になると信じてた過去の愛が宝石なのだと



普通の石でいいな。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM8:00
地球がプラスとマイナスだからこそ良い事悪い事はある



詠めない。
苦しい。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM7:00
詠えませんでした。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM06:00
貴方だけそれは吾の勘違い待っているのは他の誰かで

優しい愛の歌を歌うまで心はまだね癒えてはいない

幼子がちょこんと袖を掴むよにそっと寄り添う右側かして

夢で詠む歌は淡雪痕もなく起きて消えた記憶さえなく





また寝てしまいました。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM01:00
一言も口をきかず笑わずに時が過ぎても何も変わらず




自分は何をしたいのか・・・。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 PM12:00
何もでず考えないで時間だけ過ぎる空間少し楽しむ

美しさ影の部分を隠してる一秒前の過去の影絵





貪欲に貪欲に・・・。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM11:00
俯いて些細なことが嬉しいと忘れていない捨ててはいない

生きてると手を太陽にかざしてはレントゲンの真似 赤い光

シフォンのプリーツスカート横目で見柔らかな姿ありえぬと笑う





1時間に3首しか詠めないなんて反省。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM10:00
基本でしょ頭寒足熱だからってブーツにキャミは極端だよ

食べる時先ず見てしまう持ち方を次に食べ方偏見かしら

尖っている塩味一つでわかるんだ君は今腹を立ててる

おむすびは縁を結び丁寧に願いを結ぶ想いを形に

お命を頂戴します生きるため無駄にしません「いただきます。」

嫌だから目を背けていませんかそのまま逃げて得られなくなるよ

近道を通ることは簡単だ誰でも出来るだからしない

当たり前それさえ出来ぬ君なのに権利を主張するのはおかしい




どうして土曜はグルメ番組が多いのでしょう。
日曜はもっとか・・・。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM09:00
美味いもの塩の加減と気配りと笑顔と君の美味しい言葉

吾の舌見極められるか美味いものひとりは不安試す場所ナシ

ワカメをねごま油でさっと炒めてよいつものワカメスープが変わる

途中下車面白そうと見てるけどイイナと思う動きはしない

名も知らぬ下町工場支えてる技術はいつも第一線で

葬式のバーゲンしてるとCMで送る心は何処かへ消えた




ワカメスープを作りました。
美味しさの決め手は、ワカメを事前にごま油で炒めること。
美味しいです。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM08:00
忙しい時こそしっかり遊びなさいそれができる大人の一歩

言の葉が芽吹く春を待っている普通のありふれた言葉でいいから

何故君が歌を詠むこと選んだか言葉の意味の力知りたい

不平等だから頑張ろうそう思うでも心は捨てたくないよ

したい事したいと言って出来るのは運が良い事感謝する事

上目指す金を求めることじゃなく中身を良い物にする為

本当にしたい事ならどんなこと手段もいとまず手にするもの





政治話を見ています。
私は幸せです。
普通に暮らし、好きな事が出来るのだから。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM07:00
詠むものは沢山あるが紡げずにもう駄目なのか吾情けなく

決心がこんなに脆いものだとは自己嫌悪の中朝日が黒い




すみません。
寝てしまった。

情けない、情けない。。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

3/18 AM02:00
ダラダラと言葉並べて繋げても何も変わらない伝わらない

シナモンのかをりに時は遡りこの木の夢を託す娘を見た

連休に何を考え籠もるのか吾に澱んだ欲求吐いて

都谷 闇煌煌と灯しては独り心の隙間を埋める

激辛の魂吾に摂り込みしこれからの時間に鞭を入れる

さあ炊けた白いご飯を何しようやはりおにぎり永久に愛され

行きたいと言葉だけなら旅できる時刻表に見果てぬ夢を

おにぎりを六つ握って備えてる軽く火傷これから始まり




1時間って短いです。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

FC2カウンター
グーバーウォーク


blogram投票ボタン
ブログ内検索
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。