*All archives* |  *Admin*

2009/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sakura 2
頬触れるその手が少し冷たくて永くはないと気付いた夜桜

スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

sakura
一年が幸せでしたと伝えたいから薄紅色に ワ・タ・シ・サ・キ・マ・ス

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

明日にでも鎌倉辺りへ行こうか・・・と想うが今は百里離れて

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

Flower Revolution
奇跡とか見えないものを 今ならば信じてみても悪くないかな

続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

境目
自販機の過半数が「つめたい」に 昨日で冬は終わったんだね

境目

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

White Day
「届いた?」と電話越しから君の声 外は雪舞う3・14

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

Native son
Nativeな言葉の意味は分からない 「つったい」と「しゃっこい」の違いすらも

続きを読む

晩冬
いつからか「こわい、こわい」が口癖と 呟く度に青さも褪せて

雪深き里の緑は未だ遠く おだれた枝は春への代償


続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

FC2カウンター
グーバーウォーク


blogram投票ボタン
ブログ内検索
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。