*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2ヶ月
雪降りし頃に君は居なくなり桜舞う今もまだ帰らぬまま

高台に臨む丘から海を見る息することを止めてみようか

もういいかいまぁだだよもういいかいもういいよもういいよもういい

君意外にあの料理は作らない食べたくなったら思い出してよ

思い出も香りも色も薄れるから永遠なんてありえないんだ

誰かと別れなければ出遭えないもう出遭わなくていいからやめて

髪をすき櫛に残った銀糸一本過去現在を見た未来は無い

「See you again.」「再見」 なんて日本語はまた会えないこと知っていたんだ

来週君の町に行くからね探しに行くわけじゃないから

愛してる言葉も想いも考えも永久凍土に眠っている

微風にフワリひるがえるスカートを穿く行きかう人に笑われるため

冬終わり地面に散らばる血のような真っ赤に染まった椿の花

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
グーバーウォーク


blogram投票ボタン
ブログ内検索
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。