*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤い月
いつも月を探すのは
寂しいから

ネオンの明るさに
埋もれてしまう

猫の爪の真っ赤な月よ
私の心を引っ掻いて
過去の鱗をはがし
未練と後悔の血を
滴らせ光るのか

満ち欠けは生命の息吹

この青い惑星を
いつまで見ているの

汚れて
くすんで
それでも
変わらない

夢も幻も
現実も崩壊も
知っている

見てきたのだから






酔いに任せた駄作です。

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

十六夜さん、こんばんは
素敵な詩ですね。
生々しさがいいですよ。
誰かに歌ってほしいような・・・。

イチゴ了解しました!
>@donnie様
コメントありがとうございます。
最近はめっきり詠まなくなり、今回は酔いにまかせて詠んでしまいました^^;
イチゴ摘み受け取って戴けてよかったです。
びっくり
おもわず写真(顔半分)を見てびっくりメールしました。
時々読ませてもらいますので、咲く詩してくださいね。
>@たけ様
初めまして(*- -)(*_ _)ペコリ
びっくりさせてしまいました?
このところ放置気味ですが、宜しくお願いいたします。
FC2カウンター
グーバーウォーク


blogram投票ボタン
ブログ内検索
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。