*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の世界へ
「譲ります」細き文字に貫かれ熱き心に雪が積もる


数億の命が競い手に入れた吾は身体を傷つけている


君が居ただから田舎を出てきたと言ってみたけど半分はウソ


体内のひとつひとつの細胞が君の空気を求めている


母が言う「鍵かけとく」の言葉はいつか「開けとく」の警告になり


嫉妬のような爪痕を空へと残し 君 旅立




ちょっとした物を買うために1時間半外に並んでいました。
その時に詠んだ歌です。

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
グーバーウォーク


blogram投票ボタン
ブログ内検索
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。